未分類

クリップボード【どこ・とは・を開く・を空にできません・windows10・場所・表示】

クリップボード【どこ・とは・を開く・を空にできません・windows10・場所・表示】

クリップボードとは、コンピューター上で一時的にデータ保存できる共有メモリの領域です。

 

いくつかの違ったプログラムから入りやすく、一つのアプリからだけでなく、異なるアプリ間のデータ受け渡しにも便利です。

 

これまでクリップボードは、コピーやカットした最新の一つのデータしか保存できませんでした。もしさらに別の文字を保存したら、先ほど保存したものは消えてしまうのです。

 

これは少し不便に感じませんか?

 

しかしwindows10の2018年10月のアップデート以降、クリップボードの履歴を呼び出せば、過去にコピーやカットした古いデータも選べるようになりました。

 

クリップボードの履歴機能を使うには?

 

クリップボードの履歴を見るには、無効から有効に操作しなければなりません。

というのも、デフォルトでは無効に設定されているからです。

 

有効にしなければクリップボードの履歴は閲覧できません。

 

windowsキー+Vキーで、クリップボードの画面を表示して有効モードにできます。

 

また、スタートメニューから有効の設定をするのも可能です。

 

  1. スタートメニュー
  2. 歯車の設定ボタンを押す
  3. windowsの設定画面を開く
  4. システムをクリック
  5. システム画面を開く
  6. 左側の「クリップボード」を選択

 

ちなみにクリップボードの場所がどこかわからなくても、windowsキー+Rキーというショートカットキーを押せば見つかります。

 

クリップボードからファイルを開くには?

 

エクスプローラーやmacでクリップボードにコピーし、ファイルをwavelab proで開けます。

 

https://steinberg.help/wavelab_pro/v10/ja/wavelab/topics/project_handling/project_handling_files_opening_from_clipboard_t.html

 

 

エクセルでクリップボードを空にできません

 

エクセルでコピーペーストする時、「クリップボードを空にできません」と表示されるトラブルがあります。クリップボードは空っぽなのにこのような表示が出たら、エラーとしか思えませんね。

 

「クリップボードを空にできません」というトラブルが起こる場合、原因として考えられるのは、別のアプリがクリップボードを使っている可能性です。

 

ほかのプログラムがクリップボードを引き続き監視しているために、それぞれのプログラムのクリップボードの参照が衝突しているのです。

もう一つ原因として考えられることがあります。

それは、2台以上のクライアント端末から、リモートデスクトップ
接続していることです。

ただ、リモートデスクトップが原因となるのはエクセル2003の時だけです。
こちらもクリップボード参照の衝突により、
「空にできません」という表示が出てしまいます。

空にできない時の対処法

まず試してほしいのが、クリップボードの監視ツールを無効にすることです。

監視ツールを利用しているかわからない際は、
クリップボードビューワーで確認ができます。

クリップボードビューワーを開くと、クリップボード領域への保存が
見える化します。
確認だけなので解決には至りませんが、
クリップボードの監視ツールが作動していれば特定できます。
クリップボードビューワーを開くことで原因がわかるわけです。

それでも解決しない場合は、
クリップボード共有を無効にしましょう。

1.タスクマネージャー
2.プロセスタブ
3.rdpclip.exeを終了する
4.プロセス終了

それでもダメな場合は、クリップボードを手動で削除します。

エクセルのクリップボードを表示させ、手動で全部削除します。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.