未分類

タスクバー 表示【位置の設定・アイコンが非表示・10でされない・ショートカットキーはどれ・画面】

タスクバー 表示【位置の設定・アイコンが非表示・10でされない・ショートカットキーはどれ・画面】

windows10なら、デスクトップの下にタスクバーが表示されているでしょう。

タスクバーがない場合は、アプリをピン止めできずに不便かもしれません。

 

タスクバーの設定を特にしていないと、勝手にアイコンが非表示モードになる場合があります。

 

それは、画面を広く見せるためです。

 

しかし、タスクバーの設定をすれば、自動で消えないように設定できます。

常に位置の設定もでき、快適にタスクバーが使えるでしょう。

 

ここでは、タスクバーの表示について詳しく説明していきます。

 

タスクバーのショートカットキーはどれ

 

タスクバーにはショートカットキーがあるのはご存知でしたか?

 

タスクバーが非表示モードになっている時、手動でタスクバーを呼び出す方法は複数あります。

 

その中の一つに、ショートカットキーがあるのです。

 

よく使うアプリを、わざわざスタートボタンから呼び出すのも工数がかかって面倒ですね。

 

そんな時は、タスクバーのショートカットキーを使えばいいのです。

 

windows+1のキーを押してみればいいのです。

 

タスクバーのショートカットキーを早速使ってみましょう。

 

ちなみに、タスクバーによく使うアプリをピン止めできます。

 

ですが、ショートカットキーを使うなら、利用頻度の多い順に3つに絞るといいでしょう。

 

windowsキーを組み合わせて表す数字のうち、どれがどのアプリに対応しているか直感的にわかるはずです。

 

タスクバーに配置するアプリを厳選したり、並び替えたりもできます。

 

自分の使いやすいようにカスタマイズできるのですね。

 

動いてしまったタスクバーの位置を設定するには

 

タスクバーを固定の位置に置いておきたくないですか?

 

この位置にしたい!という希望があれば、ぜひタスクバーの位置を設定しましょう。

 

タスクバーの表示位置は、下記の操作でできますよ。

 

  1. タスクバーを右クリック
  2. メニューからタスクバーの設定または設定を選ぶ
  3. 設定画面が開く
  4. 左メニュー「タスクバー」を選択
  5. 「画面上のタスクバーの位置」のプルダウンメニューから変更したい位置を選ぶ
  6. タスクバーを元の位置に戻せる

 

タスクバーのアイコンが非表示になっている時

 

タスクバーを使いたいのに、アイコンが非表示になってしまうと困りますね。

 

タスクバーにアイコンボタンを登録するといいでしょう。

 

デスクトップの上のアイコンボタンを選び、左クリックをしたままタスクバーまでドラッグします。

 

タスクバーの上で離せば、この位置にタスクバーが表示されます。

 

スタートメニューでアイコンを右クリックし、メニューからタスクバーを表示するを選びます。

 

タスクバー上のアイコンボタンを削除はできません。

削除にはなりませんが、非表示にはできます。

 

もしタスクバーは完全に不要!

 

ということなら、表示ではなく非表示の設定をしておくといいですね。

 

  1. タスクバーの上で右クリック
  2. 「タスクバーにこのプログラムを表示しない」を選ぶ

 

 

この操作で非表示モードにできるでしょう。

タスクバーを画面に表示させる簡単な方法

 

少ない工数で、タスクバーを表示できるといいですよね。

それなら、簡単な設定でタスクバーの表示ができます。

 

タスクバーの設定を開き、「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」にチェックをします。

プレビューを非表示にする場合

  1. タスクバーの何もないところを右クリック
  2. タスクバーの設定をクリック
  3. 設定画面が開く
  4. デスクトップの表示ボタンにカーソルを置く
  5. プレビューを使ってプレビューする
  6. オフにするとプレビューが非表示

 

パソコンの環境によっては、タスクバーの設定をしただけではプレビューを非表示にできないことがあります。

 

レジストリの編集をすれば、タスクバーのプレビューを非表示にできる場合があります。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.