未分類

ideco【とは・おすすめ・比較・デメリット・シュミレーション・手数料・ポータル】

 

ideco【とは・おすすめ・比較・デメリット・シュミレーション・手数料・ポータル】

老後の資金を増やしたい!

と考えているなら、idecoに加入するのがおすすめです。

 

idecoは銀行や証券会社などで加入できます。

 

それぞれの企業によって良しあしが違うため、idecoに加入するには本当に自分に合うところを慎重に比較し、選びましょう。

 

そもそもこのidecoとは、どんな仕組みのものでしょうか?

 

どうして老後資金が増やせるのでしょうか。

 

idecoとは何か

 

老後は年金だけでは不安…という方は、少なくないでしょう。

 

セカンドライフが公的年金だけだと心配なあなたのために、idecoがあります。

 

老後の資金が年金だけでは心配という方は、意外にたくさんいます。

 

そのような方は若いうちからidecoに加入し、コツコツと老後の資金を積み立てていくいことができるんです。

 

idecoで積み立てたお金は、60歳になるまでもらえません。

 

そのため、idecoにためているお金を途中解約して使うのは基本的にできないのです。

こう考えると定期預金みたいな感覚ですね。

 

いってみれば一種の賭けです。

 

idecoは、老後の不安な将来のために毎月決まった金額を無理なく貯められる年金システムです。idecoの正式名称は、個人型確定年金拠出です。

 

idecoを運営しているのは、国民年金基金連合会です。

 

掛け金拠出時だけでなく、拠出した金額の運用時や、運用資産受給の時でも、原則的に税制優遇が受けられます。

 

idecoの仕組みを生かして、毎月5000円積み立てることで、60歳になった時資産が大幅にアップしています。

老後資金をたくわえるのに、idecoが活躍するのです。

 

税制優遇が受けられるのは、idecoの大きなメリットです。

 

主に三つのタイミングで税制優遇が受けられます。

 

  • 受取時
  • 運用期間中
  • 積み立て期間中

 

idecoに加入する時期は60歳以下であればいいですが、将来に対して不安になった時が加入のタイミングでもあります。

 

各社でidecoを扱っており、手数料も各社で違います。

 

ぜひより良いidecoプランをチョイスしてくださいね。

 

auのideco

 

https://ideco.kddi-am.com/ideco/

 

idecoのシュミレーションをする時

 

idecoのシュミレーションサイトも登場しています。

 

http://www.wam.abic.co.jp/contents/C110005/dcsimu/top.html

 

idecoに加入する前に、シュミレーションしてイメージを膨らませておくといいですね。

 

idecoにはデメリットがある?

 

idecoには魅力もたくさんありますが、デメリットになることも知っておきましょう。

 

ざっとデメリットを挙げると下記のようになります。

 

  • 投資の知識が多少必要
  • 老後に受け取る年金額が事前に把握できない
  • 運用リスクは基本的に加入者側
  • 手数料は全額自己負担
  • 自分で来店して手続きする必要がある
  • 受け取る時に課税あり

 

 

 

idecoのポータルサイト

https://www.jis-t.ne.jp/dczws000/o3w

jis&Tでは、idecoのインターネットサービスのサイトを設けています。

こちらをidecoのポータルサイトとして利用できるでしょう。

 

ご利用する際は、加入者口座番号とパスワードを入力します。

終わりに

 

いかがでしたか?

idecoについて初めて知った方も多かったはずです。

公的年金だけじゃ老後が心配!と思った時、ぜひidecoのシュミレーションをしてみましょう。

idecoにはメリットもデメリットもあるので、idecoの魅力ばかりみていてはもちろんいけません。

 

idecoには税制優遇や老後の資金アップなど魅力もたくさんありますが、リスクはつきものです。

ぜひ自己判断で、慎重にidecoを選びましょうね。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.