未分類

webカメラ 設定【コントロールパネル・アプリ2台・surface・方法・windows7・ソフト・macでzoom】

webカメラ 設定【コントロールパネル・アプリ2台・surface・方法・windows7・ソフト・macでzoom】

 

最近、webカメラを使うシーンが増えていませんか?

 

リモートワークでテレビ電話や会議をする時も、内臓されているwebカメラが役立ちますね。

 

例えばmacでzoom会議に参加する時も、webカメラがあると便利でしょう。

 

windows10をお使いながら、きっとすでにwebカメラが内臓されているはずです。

デフォルトでwebカメラがあれば、新たにソフトを買う必要はありませんね。

 

windows7でもそうです。

 

初期設定で入っているwebカメラでは物足りなければ、もっと性能の高いwebカメラを使ってもいいですよ。

 

windows10に導入されているアプリのカメラ使用を、許可・不許可にする設定の方法を知っていれば、webカメラが必要な時に即座に使えます。

 

アプリによっては、パソコンに内蔵されているカメラに使うものがあります。

 

windows10では、アプリのカメラのしようを許可、不許可にもできるため、ここではその設定方法をみていきましょう。

 

カメラを使うには、個別のアプリごとに使う許可、不許可を設定もできます。

 

  1. スタートメニュー
  2. 歯車のアイコン
  3. プライバシー
  4. 左にある「カメラ」をクリックする
  5. デバイスのカメラへのアクセスを「オン」にする
  6. アプリがカメラにアクセスできるようにする
  7. (デフォルトではオンになっている)
  8. アプリにアクセスさせたくない場合は「オフ」にする

 

このように、アプリのカメラ使用のオン、オフを切り替えることで設定できるんですね。

 

個別にカメラのアプリを使うこともできます。

 

アプリのカメラにアクセスできるように、「オン」にしましょう。

画面を下に動かし、カメラにアクセスできるアプリを選びます。

 

アプリをオフにすると、アプリはカメラに直接アクセスできません。

 

その場合でも、アプリは組み込んでいるwindowsアプリを開くように要求できるのです。

 

このように、カメラを使える、使えないアプリをそれぞれ設定できるのです。

 

コントロールパネルからwebカメラの設定をする

 

Microsoft Lync 2010のコミュニケーション用のソフトウェアをインストールすれば、

コンピューターに接続されたwebカメラのデバイスが出力されます。

 

lync2010をインストール後、デバイスを追加したり切り替えたりもできるでしょう。

 

webカメラは、ビデオ電話を始める場合に必要ですが、ビデオ通話の受信には必要ありません。

 

ビデオデバイスは複数あります。

 

切り替えたい時は、ドロップダウンリストから切り替えデバイスを一つ選びます。

 

一つのデバイスしかつないでいないなら、そのデバイスだけが表示されるでしょう。

 

webカメラの明るさや白黒モードの調整は、コントロールパネルでもできますね。

 

webカメラは2台でも使える!

 

アプリ2台を、一つのsurfaceで使うこともできます。

 

同時の2台分のスクリーンを見たい時、ちょうどいいでしょう。

複数人とリモートでやりとりする時にもおすすめです。

 

終わりに

 

webカメラを使うシーンは、今とても増えています。

2020年の新型コロナウイルス拡大の影響により、

テレワークをする機会は増えたでしょう。

ビジネスシーンではもちろん、プライベートでもビデオチャットする

機会は増えたはずです。

ぜひwebカメラを使って快適な映像を写しましょうね。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.