未分類

差し支えなければ【英語・意味・敬語・例文・類語・ビジネスメール・読み・使い方】

差し支えなければ【英語・意味・敬語・例文・類語・ビジネスメール・読み・使い方】

ビジネスシーンで、「差し支えなければ」という言葉が使われることがあります。

読み方は「さしつかえなければ」です。

 

差し支えなければの意味や使い方を正確にわかるでしょうか?

 

プライベートではあまり使うシーンが少ないですが、ビジネスシーンではどういう時に「差し支えなければ」を使っていいのでしょうか。

 

ここでは、差し支えなければの例文や類語、使い方や意味についてご説明します。

 

差し支えなければの意味とは

 

差し支えなければは、相手にとって「都合の悪い物でなければ」という意味があります。

不都合なら拒否してもいいという配慮もうかがえます。

 

ビジネスメールで、相手に何か依頼する時に、「差し支えなければ」という枕詞を置いて

依頼する方法もあります。相手を気遣っているような丁寧な印象を与えます。

 

「差し支えなければ」の例文

 

それでは、実際に差し支えなければを使って例文を作ってみましょう。

 

「もしお差し支えなければ、お名前をお聞きしてもよろしいですか?」

 

「お差し支えなければ、ご職業をお聞きしてもよろしいですか?」

 

差し支えなければは、「ご都合が悪くなければ」という意味に置き換えれます。

 

クッション言葉になるので、そのまま「名前を聞いていいですか?」というよりも丁寧な印象です。

 

もし差し支えなければというクッション言葉がなく「職業を聞いてもよろしいですか?」などとしてしまうと、相手は唐突すぎて不躾な印象を持つかもしれません。

 

差し支えなければのようなクッション言葉を入れることで、ソフトな聞こえ方になるのです。

 

「差し支えなければ」を使うシーンは口頭だけでなく、ビジネスメールでも使えます。特にメールは感情がうまく伝わりにくいです。

 

文章だけで要件を伝えようとすると、そっけなく冷たく、時には怒っていないのに怒った印象を与えてしまいます。

ビジネスメールは気軽に送れるものの、気持ちが伝わりにくいので口頭より実は気を使うものなのです。

 

絵文字を加えれば感情が伝わりやすいですが、ビジネスでは気軽に絵文字を使えないでしょう。

 

そのため、クッション言葉を入れて文章にマイルドさを出すのです。

 

クッション言葉を置くと柔らかくなりますし、相手もこれからどんな文章が待っているか、およそ見当がついたり心の準備ができたりします。

 

差し支えなければの類語は?

 

差し支えなければと似た表現の言葉があります。

 

・もしよろしければ

・問題がなければ

・可能であれば

 

「差し支えなければ」を使ってもいいですし、上記の言葉で置き換えて間違いではありません。

 

「差し支えなければ」を英語で表現すると?

 

If you don't mind

差し支えなければの使い方

「差し支えなければ」という表現をよく使うのは、

相手に頼み事をする時や、何か聞く時などに多いです。

場合によっては相手にとって不都合な提案や失礼な
質問かもしれない…といった時、
「差し支えなければ」と添えれば柔らかくなります。

「差し支えなければ」があるのとないのとでは、相手が
受け取る印象も変わるでしょう。
差し支えなければをつけると、相手の気持ちや状況に配慮している
印象が伝わります。

ですが、まったく差し支えなければというクッション言葉がないと、
失礼で不躾な印象を与えてしまうかもしれません!

表現一つで、あなたの提案を拒否されてしまうかも…!

言い方がすべてではありませんが、やはり言い方は大事です。

言い方ひとつで相手が期限を損ねることも、気持ちよくなることもあります。

相手にどう聞こえるかを意識すると、自然に「差し支えなければ」という言葉を添えたくなるのでは。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.