未分類

年金生活者の実態【おひとりさま・解決策・老後破綻・生活費の平均は】

年金生活者の実態【おひとりさま・解決策・老後破綻・生活費の平均は】

仕事をリタイアした年金生活に入った年配者たちは、気ままで幸せに見えるでしょうか。

まだ年金生活に突入してない働き盛りの世代にとっては、年金受給者がもらえる金額や生活の実態がイメージできないかもしれませんね。

 

また、目前に年金生活が待っているご年配の方も、年金生活者の実態を事前に知っておきたい部分もあるでしょう。

 

本当に年金生活は豊かで幸せなことばかりなのでしょうか…。

 

ここでは、年金生活者の実態に迫ります!

 

年金生活者の実態は老後破綻?

 

政府は老後には最低2000万円が必要だと発表し、国民を驚かせたことがありますね。

 

2000万でも多いと感じるか少ないと感じるかは、個人の経済事情によっても違うでしょう。

実際は、老後の資金が2000万では足りないという見解のほうが強いです。

 

というのも、人生100年時代といわれるようになり、平均寿命が延びているからですね。

生きる年数が長くなればなるほど、必要な年金や収入、貯蓄はあればあるだけいいのです!

 

老後の生活費はいったいどれくらいかというと、総務省がおこなった調査によると、23万から30万と出ています。

安くはないですね。

 

特別贅沢しているわけでないにしても、生活費の平均は23万以上になると考えていたほうがいいでしょう。

 

年金が生活費の平均くらい入ればいいですが、そんなに年金額は多いものでしょうか。

 

もちろん個人の職業や働き方にもよるでしょうが…。

 

老後破綻という言葉があるように、老後に経済事情が一転して破綻する人も出ています。

 

つましい生活をしていたって、老後破綻する恐れがあります。

 

それは、実際にもらえる年金受給額が、シミュレーションより少ないことが多いからです。

 

だから年金をあてにして老後の生活を想像していたら、痛い目見ることになるかも…!

年金の平均受給金額は、22万といわれていました。

 

ですが、実際はこれよりもっと低い受給金額のようです。

この22万という数字は、モデル世帯の場合と考えましょう。

 

現実的に、毎月22万もの年金を受給できる世帯は理想的ですが、少数派です。

 

年金は大いに越したことはありませんが、これまでの働き方からそう多くは望めなら、できる限り長く働き続けましょう。

 

老後破綻を恐れるなら、現役時代にできる限りギリギリまで働くことです。

 

そしてもし可能なら、アルバイトやパートなどで副収入を得るのもいいでしょう。

年金だけを頼りにしていると、老後破綻の可能性が出てくるのですね…。

 

おひとりさまが老後破綻しないためには

 

現代では、独身の人が若い人でも増えていますね。

 

結婚という道を選ばず、「おひとりさま」という道を選ぶ人は少なくありません。

 

「おひとりさま」という言葉も独身の方が多いからできた言葉ですね。

 

しかし実際、おひとりさまの老後はどのようなものでしょうか。年金を受け取っていても、やはりおひとりさまのほうが老後破綻しやすいのでしょうか。

 

パートナーがいないから年金受給額も低くなりそうですが…。

 

おひとりさま年金生活者の実態

 

2016年に発表された統計によると、60~64歳のおひとりさま女性の割合は、23%。

 

依然として既婚者のほうが多いわけですが、それでも20%以上もおひとりさまの女性がいるということは、もっと昔の時代には考えられない割合です。

 

四人に一人は老後はおひとりさまということになります。

 

協力できるパートナーがいないため、経済事情はとても不安でしょう。

 

ですが、一番大きいのはやはり精神的な寂しさではないでしょうか。

 

体調を崩しても、看病してくれる相手がいません。

寂しさの解決策としては、仲間とのつながりです。

 

ご近所さんでも趣味でつながった人でもいいので、繋がりがあると何かしら協力が得られるでしょう。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.