未分類

マイクロソフトオフィス【令和・再インストール・スペシャリスト・無料ダウンロード・価格・プロダクトキー】

マイクロソフトオフィス【令和・再インストール・スペシャリスト・無料ダウンロード・価格・プロダクトキー】

2019年5月に、「令和」という新元号になりましたね。

マイクロソフトオフィスでは、すでに新元号に対応し、アップグレードされています。

 

自動で令和と出力されるため、新元号に気を遣わずに入力作業ができるでしょう。

 

マイクロソフトオフィスのカレンダーを使っているユーザーも心配いりません。

すでにマイクロソフトオフィスで令和に対応済です。

 

マイクロソフトオフィスのプロダクトキーとは

 

マイクロソフトオフィスを使っていると、プロダクトキーを求められるケースがあります。

 

プロダクトキーとは、マイクロソフトオフィスの小冊子に記載されているキーナンバーです。

 

パスワードみたいなものです。

 

マイクロソフトオフィスで認証が必要な際に、プロダクトキーの入力を求められることがあります。

 

マイクロソフトオフィスオフィススペシャリストとは?

 

マイクロソフトオフィスオフィススペシャリストとは、略して「mos」と呼ばれています。

 

mosという資格試験で、試験に合格すればmosの資格が与えられます。

 

マイクロソフトオフィスオフィスのエキスパートを狙ってスキルアップするなら、mos検定の受験も視野に入れてはいかがでしょうか。

 

公式サイト

 

https://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

 

試験概要

 

https://mos.odyssey-com.co.jp/outline/

 

マイクロソフトオフィスオフィススペシャリストでは、

 

  • ワード
  • エクセル
  • パワーポイント
  • アクセス
  • outlook

 

など、その種類ごとに異なる試験を用意しています。

 

ワードとエクセルの試験では、

 

  • 一般レベル
  • 上級レベル

 

の2種類設けています。

 

各段階で出題範囲が異なります。

 

もちろん難易度も違います。

 

mosを目指して勉強すれば、マイクロソフトオフィスオフィスの操作にさらに詳しくなり、自分にとってもプラスになる部分は大きいはずです。

 

また、資格取得すれば、履歴書にも堂々と書き込めます。

 

学生さんで就職活動を控えている方や、社会人でITに携わっている方ならば、マイクロソフトオフィスオフィススペシャリストを受けても損はないでしょう。

 

資格を持っていることで、高く評価される見込みもあります。

 

マイクロソフトオフィス365を無料ダウンロードするには

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/free-office-online-for-the-web

 

マイクロソフトでは、オフィス365というサブスクリプションを提供しています。

 

購入が必要で有料のオプションですが、1か月間は無料でお試しできます。

 

もし本契約に進んだ場合、プランによって価格が異なります。

 

ご家庭向けと法人向けがあります。

 

1年契約ですと、12984円、永続ライセンスだと3万円~になります。

まずは無料で1カ月間試してみて、マイクロソフトオフィスの使いやすさを体験してみましょう。

 

マイクロソフトオフィスは、複数でコミュニケーションがとりやすく、テレワークのソリューションやサポートにもなります。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが急増しているため、新たにマイクロソフトオフィスを導入する企業も多いですよ。

 

 

マイクロソフトオフィスの再インストール

 

マイクロソフトオフィスの再インストールには、プロダクトキーやパスワードが必須なので気を付けましょう。

まずはこちらにアクセスし、サインインします。

https://setup.office.com/

マイクロソフトオフィスの再インストールをする場合は、こちらにやり方が出ています。

 

Microsoft Officeの再インストール方法

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.