未分類

レターパックライト 料金【表・不足・郵便局・360・値上げ・改定・コンビニ・変更・封筒・速達】

 

レターパックライト 料金【表・不足・郵便局・360・値上げ・改定・コンビニ・変更・封筒・速達】

レターパックライトとは何かご存知ですか?

日本郵便のサービスの一つです。

 

370円という全国一律料金でわかりやすいです。

 

ただし、サイズや厚さに条件があります。

 

レターパックライトライトと混同しやすいのに、レターパックプラスがあります。

 

レターパックライトプラスとは特徴が異なるので、しっかり区別しておきましょうね。

 

日本郵便のレターパックライトについての概要

 

https://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/

 

レターパックライトは昔360円だったのですが、値上がりして今では全国一律370円です。

 

改定して値上がりしてしまったんですね。

 

レターパックプラスの場合はもっと高くなり、一律520円です。

 

レターパックライトのほうが安いと覚えておくといいでしょう。

 

レターパックライトは追跡サービスが利用できるため、郵便物の配達状況をスマホやpcで一目瞭然です。

 

レターパックライトで届けたものが今どうなっているのか、気軽に検索できるんですね。

 

郵便窓口にレターパックライトを預けてもいいですが、投函できるサイズなら自分で赤いポストに投函してもOKです。

 

 

レターパックライトはレターパックプラスよりも簡易的です。

 

だから料金も安めなんですね。

 

それでは、どうしてレターパックプラスは高いのでしょうか?

 

プラスは対面で渡してもらえる

 

レターパックライトは自分でポスト投函して送付できますが、プラスを選ぶと本人に直接手渡してくれます。

 

レターパックライトは、相手のポストに入るのに対し、プラスは直接本人に手渡ししてくれるという違いがあります。

 

レターパックライトもプラス、法人、個人関わる利用できる郵便サービスです。

 

レターパックライトで送れるものは何?

 

レターパックライトで送るものの例としては、下記のようなアイテムがあります。

 

  • パンフレット
  • オークションの落札品
  • 証明書
  • チケット
  • 請求書
  • カタログ
  • 業務用サンプル品

 

などです。

 

レターパックライトの料金表

 

レターパックライト用のパックは、オンラインから購入できます。

料金表は以下の通りです。

 

https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/g/gKT43006/

 

レターパックライトを送る機会が多い人は、この機会にレターパックライトを20部(7400円)購入しておくと便利でしょう。

 

郵便局の窓口でもレターパックライトは入手できますが、直接店頭に行かなくてもオンラインからも購入できるのです。

 

レターパックライトで切手が不足?

 

レターパックライトの切手はいくらなんだろう?と思っていませんか。

 

実は、レターパックライトは切手不要なんです!

 

だから切手の料金不足で戻ってくるようなこともありません。

 

うっかり切手を貼り忘れた!と思っても、レターパックライト自体の代金を支払っていれば、切手はいらないのです。

 

レターパックライトはコンビニでも買えるの?

 

郵便局では確実に買えるレターパックライトですが、最寄りのコンビニでも売っていたら便利ですよね。

 

どうなのかというと、結論、コンビニでも販売しています!

 

レターパックライトは封筒とは違う様式のパックです。

 

レターパックライトを速達で届けることは可能?

 

できません。

 

というのも、レターパックライトはオプションをつけることができないサービスです。

速達に関わらず、ほかのオプションもつけられません。

レターパックライトの書き方を間違えた!変更や交換はできる?

送るためにレターパックライトを購入したものの、
書き損じて使えなくなることもあるでしょう。
そんな時、せっかく買った
レターパックライトを廃棄してしまうのはもったいないですね。
再利用できればいいですが…。

レターパックライトを別の郵便サービスに変更はできないものの、
書き損じたレターパックライトを新しいものに交換ならできます。
ただし有料で、手数料が42円かかります。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.