未分類

重量税【計算ツール・計算・検索・国土交通省・とは・軽自動車・還付】

重量税【計算ツール・計算・検索・国土交通省・とは・軽自動車・還付】

自動車税とは別に、自動車重量税があります。

新規登録の時と、車検の時にまとめて支払う税金です。

 

ご家庭で使っている乗用車の場合、車両の重さによって重量税が変わります。

軽自動車は普通車よりも軽いですが、車両の重さに関係なく重量税は定額です。

 

車検を正式にいうと、自動車検査登録制度となります。

 

車検では、自動車が安全基準に適合しているかを精査するものです。

 

ご家庭用の乗用車、軽自動車ともに新車登録から3年後に車検はおこなわれます。

その後は2年ごとに更新します。

 

重量税は何年ごとにかかるの?

 

重量税は基本的に1年ごとにかかります。

 

新規登録や車検時、車検証の有効期間にまとめて支払います。

 

自家用車の場合は車両の重量が0.5トンごとに税額が変わるでしょう。

軽自動車は一律ですので、重量は関係ありません。

 

新規登録から13年以上経過すると、重量税は上がります。

18年経過するとさらに重量税は上がるので注意が必要です。

 

重量税がいくらになる?

 

重量税の計算ツールがあれば、簡単に自分が支払うべき重量税がわかりますね。

 

次回車検を受ける時、自動車重量税をいくらくらいになるか知っておくことは大切です。

国土交通省では、重量税照会のサービスをおこなっています。

 

重量税照会には、

 

  • 検査予定日
  • 車台番号

の情報入力が必須です。

 

入力すれば自動車重量税が出てくるでしょう。

 

年末年始はこちらの計算ツールは使えないので、注意してくださいね。

 

国土交通省の重量税紹介サービスはこちら

 

https://www.nextmvtt.mlit.go.jp/nextmvtt-web/

 

重量税を検索できる簡単計算ツール

 

下記のサイトでも、重量税の計算ツールを扱っています。

 

http://www.paradise-mall.co.jp/yamasei/oshirase/topics/jyuryozei_tool.htm

 

重量税を簡単に検索できるでしょう。

 

  • 軽自動車
  • 登録者

 

など、あてはまるボタンをクリックしましょう。

 

自動車重量税には還付制度もある?

 

支払った重量税の一部が還付されたらうれしいですね。

重量税にはそのような還付制度があります。

 

重量税の還付システムは、自動車リサイクル法をもとにしています。使用済みの自動車が適正に分解され、解体を理由に永久抹消登録と解体届出により、同時に還付が行われれば、自動車重量税の残りの月が還付されます。

 

車検残存期間の確定日翌日から、車検証の有効期限の満了日まで、重量税が月割りで計算され、還付されるでしょう。

 

還付金を受け取る資格は?

 

重量税の還付を受けるには条件もあります。

 

一時抹消登録や永久抹消登録をしていることが前提です。

 

また、車検の残存期間が1カ月以上あることも条件です。

 

車検の残存期間が1カ月以上ない場合、還付金を受けられません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

重量税とは、自動車を所有している人の深く関係している税金です。

 

重量税とは、自動車を新規登録、車検の際に納める必要があります。

 

重量税の重量によって課税金額は変動します。

 

自家用車の場合、0.5トンごとに重量税は変わります。

軽自動車は重量に関わらず一定の金額です。

 

エコカーでしたら、重量税が減税される可能性が高いです。

詳しいことは国土交通省の重量税照会を利用するといいでしょう。

自動車を継続して使わず、廃車にすれば、払いすぎていた
重量税の分が還付されます。

廃車事業者やディーラーが、代理で手続きをすることも多いですよ。
自動車重量税の還付制度を知っていると得なこともあるので、
知っておいたほうがいいですね。

廃車する時は、ディーラーや業者に相談してみましょう。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.