未分類

確定申告書B ダウンロード 国税庁【第一表・第三表にもふるさと納税の控えがあるか・令和2・3年は何色か・エクセルで青色や白色の用紙を使うには・記入例や書き方の見方がわからない時は手引きを見てみる】

 

確定申告書B ダウンロード 国税庁【第一表・第三表にもふるさと納税の控えがあるか・令和2・3年は何色か・エクセルで青色や白色の用紙を使うには・記入例や書き方の見方がわからない時は手引きを見てみる】

確定申告書Bについてお話します。そもそも確定申告書には、確定申告書BとAがあるのです。これまで確定申告書をしてきた方ならすでにご存知でしょう。個人事業主の方は、確定申告書Bが大きくかかわってきます。両方提出することもあるでしょう。確定申告書Bを使うなら、国税庁のホームページからダウンロードして使うこともできます。確定申告書Bはエクセルで作成することもできます。その際はひな型を使うといいでしょう。エクセルで青色や白色の用紙が使えるのです。ですから、もともと確定申告書Bの用紙を持っていなくても大丈夫です。書き方はインターネットをみればわかりますし、手引きもあります。作成できるコーナーも開設されているため、便利でしょう。

確定申告書Bとは?

個人事業主などは確定申告書が必要ですよね。確定申告書をする時に、確定申告書Bが必要になってきます。確定申告書Aよりもさらに詳しい内訳など書いた用紙です。確定申告書にはそもそも青色と白色申告があることを知っておきましょう。白色申告とは、完全個人であり、法人化していない人たちがよく利用します。もちろん、法人化していても白色申告を使うことができます。ただ、青色申告を利用するとなると、条件にあっていなければなりません。その条件とは、開業届を提出してきちんと法人化することです。開業届の手続き自体は難しくないため、すぐできるでしょう。廃業も紙の提出一つでできます。法人化にするのは簡単です。青色申告と白色の大きな違いといえば、控除金額です。青色のほうが65万円以上となっておおきいです。確定申告書Aは、Bよりも簡単な書類となります。

確定申告書Bについての詳細

確定申告書Bについてもっと詳しく知りましょう。確定申告書Aでもそれなりに情報を書きますが、確定申告書Bでは、どのくらいの経費がかかったなどその内訳を書きます。確定申告書Aのほうでは、取引先の会社名や、どのくらいの収入を得たかなど事実を書いていきます。確定申告書Bでは、細かい内訳ですね。何にどのくらいの費用がかかったのかを書いていきます。確定申告書Bについての詳細を伝える冊子もあるので、事前にチェックしてから確定申告書Bを作成するといいでしょう。

記入例や書き方の見方がわからない時は手引きを見てみる

確定申告書Bの手引きを見れば作りやすいです。もし毎年税務署に郵送で確定申告書を送っていたなら、毎年2月頃に郵送で税務署から確定申告書用の書類が届きます。その中に確定申告書の手引きが入っているでしょう。そこで記載例が確認できるのでわかりやすいです。確定申告書BやAの書類も入っているのでおすすめです。書き方の見方がわからない時でも、ガイドを見ればわかりやすいでしょう。間違いなく記入できるはずです。

確定申告書Bの用紙を入手するには

確定申告書Bの用紙が手元になっくても平気です。というのも、確定申告書Bの用紙は国税庁のホームページからもダウンロードできますし、そのほかのサイトからも入手できます。郵送で税務署から送られてきた書類の中にも、確定申告書Bの清書版が入っているでしょう。それを使うのもいいですが、もし失敗して新しい確定申告書Bが欲しい場合は、国税庁のホームページからダウンロードしてもってくればいいのですね!そうすればまた新しい確定申告書Bの用紙に記入できますよ。用紙が手元になくても大丈夫なのです。確定申告書Bは郵送で送るのが一般的ですが、etaxを使う方法もあります。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.