未分類

宛名職人 ダウンロード windows10【無料・mook版・windows・2014・対応】

宛名職人 ダウンロード windows10【無料・mook版・windows・2014・対応】

宛名職人は、ソースネクストが開発したはがき用のソフトです。

 

もともとアジェンダの会社が開発、販売していました。

 

宛名職人の公式ページ

 

https://www.sourcenext.com/product/atenasyokunin/?i=gaw_sem_atena&utm_source=gaw&utm_medium=sem&utm_campaign=atena&utm_term=name&argument=HGtSAqRz&dmai=gs000398&gclid=Cj0KCQjwt4X8BRCPARIsABmcnOpjHxBaRKHmdbYjiQ4yZGL_GeNnqIH0bh22id1kIrwC_s22q0yP9G4aAoH5EALw_wcB

 

ソースネクストの宛名職人は、シンプルな使い心地で、簡単にはがきが作成できるソフトです。

 

macユーザーのためのソフトとして開発されました。

 

macにはデフォルトで宛名職人は搭載されていませんが、ソフトを入れればまるでmacと一心同体!

 

macの一部かのような使いやすさです。

1993年にバージョンアップされ、今ではmac用の定番ソフトとしてポピュラーです。

 

宛名職人を使えば、宛名や住所をさらに見やすいレイアウトにできます。

 

スマートグループ機能を使いこなせば、今年年賀状を出したい宛先を素早くグループとして保存できるでしょう。

 

家に印刷機がなくても平気です。

 

というのも、セブンイレブンのマルチコピー機でも年賀状やハガキの出力ができるからです。

 

デザイン面のみ印刷してもいいでしょう。

 

 

宛名職人の最新ダウンロード版を購入するならこちら

 

 

 

アマゾンでも宛名職人の販売をしています。

 

ダウンロード版が買えるでしょう。

 

宛名職人mook版とは?

 

https://book.mynavi.jp/files/user/supportsite/2020_tappuri.pdf

 

 

宛名職人mook版のダウンロードについて

 

宛名職人mook版は、windows10にはありますがmac版はありません。

 

ですから、windowsにのみダウンロードできるんですね。

 

宛名職人は、mook版17まで出ています。

最新バージョンは宛名職人mook版17です。これは2019年のモデルです。

 

windows10だけでなく、windows7や8にも対応しています。

 

宛名職人mook版は毎年発売され、その年の干支を中心に収録しています。干支を利用しないなら、毎年使えるということです。

 

mook版のダウンロードがwebサイトから気軽にできたらいいのになーと感じるかもしれませんが、実はネットから無料ダウンロードはできません。

 

年賀所の本についているmook版を購入しなきゃいけないのです。

 

宛名職人mook版では何ができるかというと、

 

  • 文面のデザイン作成
  • 住所録作成

 

などがスタンダードで使えます。

 

もし年賀状を印刷するだけなら、mook版でも十分間に合うでしょう。

 

宛名職人2019年プレミアムなどグレードアップしたソフトは不要です。

 

ただし、残暑見舞いや暑中見舞い、喪中はがきを作成することはできないので、気を付けてくださいね。

 

もし名刺作成や暑中見舞い、ラベル印刷などしたい場合、同じくソースネクストで出している筆まめが適用しています。

 

mook版は無料体験ができないので、使うなら有料版を購入する必要があります。

 

 

宛名職人2014

 

住所録一覧を印刷するには、宛名職人2014を使うといいでしょう。

 

住所録データを一覧表示で印刷するには、下記の手順でしておくといいです。

 

  1. 一覧印刷したい住所録を開く
  2. 「一覧表印刷」を押す

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.