未分類

弊社 当社【使い分け・違い・メール・書き言葉・文書・自社・文章・貴社】

弊社 当社【使い分け・違い・メール・書き言葉・文書・自社・文章・貴社】

自分の会社を表す表現に、

 

  • 弊社
  • 当社

 

とありますね。

 

文書で書く時や口頭で話す時、どちらの表現を使ったらいいか迷うことってありませんか?

 

当社と弊社の使い分けは、何気に難しいです。

 

ですが、綿密にそれぞれの意味を知れば使い分けが簡単になるでしょう。

ここでは、自社を表す弊社・当社について詳しく解説していきます。

 

当社と弊社に違いはあるの?

 

弊社と当社は同じ意味に聞こえますが、実は若干使い方が異なるのです。

 

厳密にいえば、どちらを使ってもいいわけではありません!

 

大きな違いをいえば、

 

  • 弊社→謙譲語
  • 当社→丁寧語

 

です。

同じ尊敬語に分類されますが、尊敬語の中でも種類が違うんですね。

 

弊社は謙譲語なので、自分をへりくだって表現する時に使います。

自社という意味では当社と同じですが、自社は相手の会社よりも自社を下にいうような雰囲気が出ます。

 

反対に当社は、丁寧語でも相手の会社より自社を上にみるような言い方です。

 

このような違いを知っておくと、自社より上の立場の会社に対し、「当社」を使うのを防げますね。

 

自社より上の立場にある会社に対しては、弊社を使ったほうが綺麗に聞こえます。

 

「当社」を使う時の特徴

 

弊社と当社は、相手の会社に対して自社が下か上か?で判断して使い分けるのもいいですね。

しかし、相手が社外かどうかによって使い分けるのもグーです。

 

というのも、「当社」という表現を使うのはほとんどの場合、社内向けです。

自社の社員に向かって「当社」と使います。

 

社内向けの文書でもスピーチでも、弊社よりも当社と使うことが多いのです。

 

弊社の特徴

 

弊社は相手を立てるニュアンスになりますから、社外でよく使われます。

 

取引相手との交渉の時、お客さんからのクレーム対応など、顧客や取引会社に対して弊社という言葉を使います。

 

口頭だけでなく、メールや文書でも「弊社」と使うでしょう。

 

社外の人に対して「当社」と使ってもマナー違反でも間違いでもありません。

ですが、どこから上から目線になってしまい、読む人や聞く人によっては違和感を覚えます。

 

たてたい相手がいれば、ぜひ「弊社」を使ってくださいね。

 

「貴社」の意味は?

 

「あなたの会社」を表す表現に、「貴社」がありますね。

 

文書などでもよく見かけます。

 

口頭でいうこともありますが、貴社と似た言葉に「御社」がありますね。

 

どちらを使えばいいのか迷うことってありませんか?

 

ビジネスシーンでよく聞く貴社という言葉、厳密にはどのような意味や使い方があるでしょうか。

 

御社との違いについても探っていきましょう!

 

 

貴社と御社の違い

 

 

貴社も御社も似た意味に聞こえますね。

 

どちらを使っても同じでは?と考えるかもしれません。

 

ですが、使い方が厳密に違います。

 

二つとも相手の会社に対して、敬意を表しているという点では共通しています。

 

ですが、貴社はどちらかというと書き言葉なのです。

 

御社は口頭で伝える時に用います。

確かに、口頭で「貴社」というと、違う意味でとられることがありそうで、紛らわしいですね。

 

ですが、御社(おんしゃ)といえば、あなたの会社以外の意味はあまりないため、相手もスムーズに伝わるでしょう。

 

貴社は書き言葉にすれば、漢字によって「あなたの会社」を意味する貴社というのが一目瞭然ですね。

 

だから書き言葉によく使われます。

もちろん、文書やメールなどに御社を使っても間違いではありません。

まとめ

いかがでしたか?
貴社も御社も、当社も弊社もまったく同じ使い方でいいと思っていた方も、多かったのではないでしょうか。

私もこのように厳密な違いはあまり知りませんでした。
弊社と当社は特にニュアンスに違いがあるため、きっちり使い分けしたほうがいいですね。

貴社と御社も、貴社は書き言葉で、御社は会話の中で使うといいですね。

間違って使ったとしても重大なミスにはなりませんし、失礼ではないですが、できる限り使い分けはしたほうがいいでしょう。

そのほうが相手も気持ちよくコミュニケーションができるはずです。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.