未分類

Windows10 ディスクの管理(フォーマット・結合・表示されない・未割り当て・拡張・回復パーティション)

Windows10 ディスクの管理(フォーマット・結合・表示されない・未割り当て・拡張・回復パーティション)

ディスクの管理とは、windows10ならデフォルトで装備されているツールです。
パーティション管理ツールとも呼ばれます。

パーティションの操作は、ディスクの管理でするのが基本です。

パーティションの操作でなくても、現在の状況を確認する目的でも、ディスクの管理が使えます。

もし記憶装置に不具合が生じたら、windowsにどのように認識されているのかチェックします。

その時エクスプローラーを使ったのでは、パーティションの情報まではわからないのです。

そこで使えるのが、ディスクの管理というわけです。

windowsの初期設定であるツールなので、わざわざインストールすることも
ありません。

ディスクの管理を見て、認識されていない記憶装置はwindows10では使えません。

反対に、認識されていれば正常に使えるということです。

ディスクの管理を立ち上げる時

ディスクの管理は、コントロールパネルから立ち上げます。
とはいうものの、できる限り手間をかけずに起動させたいでしょう。

そんな時、ショートカットキーを使うと便利です。

【windowsキー+Xキー】が使えます。

ディスクの管理が表示するもの

  • ドライブレターの割り当て
  • パーティションのサイズ
  • パーティションの種類
  • ディスク全体の容量
  • パーティションの数

ちなみに「ドライブレター」とは、ドライブに割り当てられたら文字のことです。

記憶装置がwindowsにどのように認識されているか、表示して示してくれるでしょう。

また、windowsで次の操作をする時も、ディスクの管理上でおこないます。

  • ドライブレターの削除、追加、変更
  • パーティションを作る
  • パーティションを削除する
  • ディスクの初期化
  • パーティションのフォーマット

ディスクの管理を立ち上げて、もし初期化が求められたら、ディスクのMBRが認識されていないサインです。

近頃のpcでは、リカバリー用の範囲がハードディスク内に割り当てられています。

そのため、複雑なパーティションの構成になっていることがあるんです。
ドライブレターが未割り当てのパーティションがあり、起動や回復、修復用のデータがまとまっています。

一ついえるのは、修復用のデータが内蔵されたパーティションには、変更を加えないほうがいいということです。

修復データが収まったパーティションを変更すると、修復できなくなってしまうんです。

物理的な障害がある時もディスクの管理でわかる?

わかります。

ディスクの管理の表示内容をチェックすれば、物理的な障害があるということがわかります。

「ディスク」と表示された部分に容量が表示されないことや、表示が変な場合は物理的障害の可能性があります。

記憶装置が「デバイス」として読み込まれていないなら、ディスクとしても表示されないでしょう。

ディスクの管理で結合、分割できる?

できます。

ディスクの管理で一つのハードディスクを分割することもできれば、結合も可能です。

また、新しく拡張パーティションも作れます。

回復パーティションとは

ディスクの管理に関連して覚えておくといい言葉に、回復パーティションがあります。

回復パーティションとは、windowsのシステムを特定の状態に回復させるためのデータを保存しています。

回復パーティションを削除しても問題ないですが、放置しているのが無難です。
削除の時はdiskpartを使って削除できます。

最後に

ディスクの管理は、windows10には初期設定であります。
一つのハードディスクを分割し、いくつかのドライブとして認識させられます。

ソフトを導入しなくても、合計4つまでパーティションを作れるのです。

間違えやすいのですが、スタートメニューにある「ディスクとドライブ」はディスクの管理とは違います。

混乱しないように気を付けましょうね。

-未分類

Copyright© ゴイスー納得クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.