未分類

teams(活用事例・web版・ダウンロードできない・ビデオ会議・起動させない・便利機能・画面共有・アプリとは・画面分割)

teams(活用事例・web版・ダウンロードできない・ビデオ会議・起動させない・便利機能・画面共有・アプリとは・画面分割)

teamsweb版もアプリも、会員登録不要で使えるため早いです。

teamsが使いたい!と思ったら、早速今すぐ使えるでしょう。

ブラウザから入ってすぐオンライン会議に参加できるのですから。

最近は、リモートワークの効率化アップのためにも、teamsを導入する事例が増えています。

teamsなら、離れたところからもビデオ会議ができるため、オフィスにいなくても臨場感たっぷりのミーティングができます。

相手の表情もわかるので、意思疎通もメールの時より
しやすいでしょう。

teamsアプリとは

そもそもteamsとは何かというと、簡潔にいえばビジネスチャットツールです。

teams経由で仲間とコミュニケーションがとりやすいですし、データの送受信や共有もできます。

チャットツールなら、何もteamsでなくてもラインや
チャットワークなどがありますね。

 

teamsは、それらにない便利機能も充実しているのです。

teamsは、マイクロソフトのoffice365の姉妹ツールと考えていいでしょう。

office365は、パワーポイントやエクセルといったアプリのライセンスが使えるクラウドサービスです。

サブスクリプション型なので、毎月料金が発生します。
このoffice365を導入した企業で、teamsも併せて導入する活用事例が増えています。

teamsの活用事例

メールサービスは複数ありますよね。

しかし、それぞれ違うメールサービスを利用していては面倒です。

ならばオフィス全体でコミュニケーションツールを統一しようじゃないか!ということで、teamsを導入した活用事例があります。

全部のメールをteamsに集約し、コミュニケーションの場をteamsだけに限るやり方です。

組織のコミュニケーションは、teams内でスムーズにできるわけです。

しかも画面共有や画面分割までできます。

オフィス内のメールはGメールやoutlookを使っている企業も多いでしょう。

しかし、件名を考えるのが面倒だったり、いちいち新規作成を表示させるのも面倒ではないですか?

teamsならそれがありません。件名を考える手間も省けるし、
伝えたいことがあればすぐにチャットを打ち込めます。

teamsを自動起動させない方法は?

teamsが自動的に立ち上がって不便していませんか?

それならteamsを自動起動させない設定をすればいいのです。

teamsをアンインストールしても無意味です。
インストールすればまた自動で立ち上がるようになります。

1.スタートボタン

2.設定

3.アプリ

4.スタートアップを選択

5.マイクロソフトteamsをオフにする

これで起動させないことができます。

teamsデスクトップアプリでダウンロードできない時

teamsを使っていれば、teamsの中でファイルをダウンロードできます。

例えば仲間から送られてきた共有ファイルを、ダウンロードする時です。

しかし、teams内でダウンロードできないトラブルがまれにあります。

その際はどうすればいいかというと、キャッシュクリアをしましょう。

  • teamsアプリをアンインストールして再インストール
  • teamsフォルダを削除

この二つの方法で対処すれば、teams内でダウンロードできるようになるでしょう。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.