未分類

レポート 書き方【大学・会社・例文や見本・テンプレート・本・ワードの構成・社会人・中学・表紙・参考文献・引用】

レポート 書き方【大学・会社・例文や見本・テンプレート・本・ワードの構成・社会人・中学・表紙・参考文献・引用】

レポートを書くのが苦手な方は多いでしょう。

 

論理的に書かなければいけないため、読書感想文や作文などとは書き方が違います。

もし感想文を書く感覚でレポートを書いてしまったら…。

 

あまり評価はよくないかもしれません!

レポートは作文と全然違います。

もちろん、フィクションの小説など、本とも違います。

 

作文は自分の気持ちや意見が中心ですが、レポートでは自分の感情はほとんど書きません。

書くとしても、最後のほうにその情報からわかったことや、自分なりの解釈、意見、今後の野望などを書くくらいです。

 

作文よりも堅苦しい形式で、読み手も必ずしも楽しいとは限りません。

 

情報や参考文献、グラフや数値など実際的なことも出てくるため、読み手も頭を使う場合があります。

 

研究や実験の結果を書く時にも、レポートにまとめることがあります。

 

レポートというと大学や中学でよく提出するイメージがありますが、社会人になってもレポートが必要なシーンは多々あります。

 

職種によってはまったくレポート提出が不要なところもあるでしょう。

 

ですが、会社でレポートを求められるのは珍しいことではないので、書き方に慣れておくと有利ですよ。

 

レポートにはテンプレートがある

 

自分でレポートの書式を考えるのが難しいなら、テンプレートを使う方法もあります。

 

インターネットでは、シーンに応じたレポートのテンプレートがたくさん紹介されています。

レポートが苦手な方でしたら、まずはテンプレートをダウンロードし、そのひな形に沿って書くのもおすすめです。

 

構成がすでに決まっている場合があり、そのスタイルに合わせて中身を埋めていけばいいのです。

 

例文や見本もネットにいっぱい出ているので、レポートを書く前に学んでみるといいですね。

 

シーン別!無料で使えるレポートのテンプレート

 

下記のサイトでは、レポートの種類に合ったひな形を配布しています。

 

https://template.k-solution.info/07550/

 

会議用や業務報告用、出張や打合せ、リサーチ用のレポートなど、あなたのシーンに合ったテンプレートをダウンロードしましょう。

 

レポートには表紙も必要

 

忘れてはいけないのが、レポートの表紙です。

 

学生さんでも社会人でも、レポートを作る時は表紙のことまで考慮しなければなりません。

 

レポートに表紙がなく、いきなり本文から始まっているとそれだけで減点でしょう。

レポートは、表紙までついて初めて「レポート」といえます。

 

表紙のないレポートは手抜きであり、正式なレポートではありません。

きちんと表紙も作りましょうね。

 

表紙に書く項目には、下記の通りです。

 

  • テーマの名前
  • 所属
  • タイトル
  • 提出年月日
  • 氏名

ワードの構成のひな形がこちらにあります。

 

https://office-hack.com/word/cover/

 

 

どんな表紙にしよう?と迷ったら、ぜひ上記の中から気に入った表紙のワード版テンプレートを使いましょうね。

 

参考文献や引用も必須?

 

レポートには有力な情報をたくさん掲載します。

いかに質の高いレポートを作るからは、いかに情報収集を頑張ったかによっても変わってきます。

 

レポートは情報収集が命です。

正しくて質の高い情報を集めることが大切なんです。

 

ただ、その情報元についても最後に記載します。

 

あなたがレポートを書くにあたり、参考にした資料や本が必ずあるはずです。

それらは「参考文献」という項目の中で列挙していきます。

 

もし、偉人や著者の言葉をそのままレポートの中に掲載した部分があれば、「引用」ということもわかるように書かなければなりません。

そうでなければ単なる盗作、コピペになってしまうのです。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.