未分類

ocrソフト【フリー・おすすめ・比較・領収書・とは・windows10・エクセル変換・価格】

ocrソフト【フリー・おすすめ・比較・領収書・とは・windows10・エクセル変換・価格】

ocrソフトとは何かご存知でしょうか。

 

ocrソフトは、スキャナで読み取った文字を解析し、文字データとして認識するソフトです。

 

画像をスキャンしたら、ocrエンジンが情報を読み取ってテキストデータに変換することもあります。

 

変換されたテキストは、検索や編集に使えます。

 

ocrソフトの正式名称

 

ocrソフトには正式名称があり、その英語の頭文字をとってocrといっています。

 

正式にはOptical Character Recognitionといいます。

 

ocrという英単語はもともと、蛍光灯やledを光源としたスキャナーとして連携して利用されます。

 

名称にopticalという文字が入っているのはそのためです。

 

ocrソフトのフリーソフトがある?

 

ocrソフトは無料でダウンロードできます。

 

例えば、フリーソフトを多数取り扱っているダウンロードサイト、vectorでもocrソフトの無料配布をしています。

 

価格もかからず気軽にダウンロードできるでしょう。

 

https://www.vector.co.jp/vpack/filearea/winnt/hardware/scan/ocr

 

とはいうものの、ocrソフトにも複数の種類があります。

 

どれを選ぶかはユーザー次第ですが、種類によっても使い勝手や機能面が異なります。

 

ここで、ocrソフトを比較してみましょう。

 

ocrソフトを比較!どれが一番人気?

 

ocrソフトを導入したいものの、複数の種類があって何を選んだらいいかわからない時ってありませんか?

 

それなら比較しておすすめのocrソフトを見つけましょう。

 

優良メーカーでもocrソフトを出しています。

 

例えば、ocrソフトの人気ランキングで1位を獲得したのは「パナソニックソリューションテクノロジー読取革命Ver.15」です。

 

ヤフーショッピングや楽天でも販売しています。

 

価格は12089円です。ocrソフトならこれ!といわれているくらい、精密でリーズナブルな値段なのが人気です。

 

英語や日本語だけなら、ocrソフト一つでさまざまな文書を電子化できます。

 

性能が良い上初心者も使いやすいです。

 

操作が苦手なら「かんたんモード」にするとシンプルな使い勝手で使いやすいでしょう。

 

入力や認識、保存の3ステップでシンプルに文書の電子化ができますよ。

 

原稿タイプは指定する必要がありますが、指定するだけで認識し、自動保存してくれます。

 

領収書ocrソフトとは?

 

領収書ocrソリューションがあります。

 

 

領収書をカメラで撮り、コピー機やスキャナーでスキャンした画像から、ocr処理をしデータ化するのです。

 

税制改正後の領収書のスキャナ保存による領収書管理に適しています。

 

https://mediadrive.jp/products/solution/receipt.html

 

会計処理も容易になるでしょう。

 

pdfをエクセル変換できる

 

ocrソフトの機能をわかりやすくいえば、pdfをエクセル変換や電子化できる機能です。

 

ただ、必ずしもocrソフトを使わなくても、pdfをエクセル変換できる無料のオンラインサービスは存在しています。

 

場合によってはオフラインでも使えるアプリが出ています。

 

仕事や学業で、pdfファイルを送るシーンは多いでしょう。

 

ただ、pdfファイルだと編集するのに特別なソフトがいります。

 

ソフトをダウンロードするのも面倒…といった時、pdf文書をエクセル変換できればソフトが不要です。

 

エクセル変換できるオンラインサービスについては、こちらに詳細があります。

 

https://office-hack.com/excel/pdf-to-excel/

 

 

windows10のocrエンジンを使ったocrソフト

 

windows10に導入できるフリーソフトに、QuickOCRがあります。

 

マウスで指定した範囲内の文字を、テキストとして出力できます。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.