未分類

普通郵便 料金【切手・表・重さ・封筒・定形・サイズ・速達・ハガキ・不足の場合】

普通郵便 料金【切手・表・重さ・封筒・定形・サイズ・速達・ハガキ・不足の場合】

普通郵便とは何を表すのでしょうか?

 

郵便物の種類は多すぎてややこしく感じる人も多いのでは?

 

日本郵便ではさまざまな郵便サービスをおこなっていますが、その一つが「普通郵便」です。

 

ここでは普通郵便について詳しくご紹介します。

 

普通郵便とは

 

定形郵便と考えるといいでしょう。

 

手紙やはがき、封筒に入れて送る書類など、よく見かける普通のサイズの郵送物を総称し、普通郵便と呼んでいます。

 

手紙とほぼ同じ扱いです。

 

自分で赤いポストに入れれば送付完了です。

 

もしポストの入らない場合は、無理やりいれようとせず、郵便局の窓口から発送手続きしてもらうといいでしょう。

 

郵便局のホームページでも、普通郵便について詳しく記載しています。

 

普通郵便の送料についてですが、サイズによっても違います。

 

ポスト投函で送れるのが気軽な点です。

 

送料は厚みや重さから算出されるのですが、3センチ以内なら定形郵便としての扱いになり、安いです。

 

ただ、もし3センチ以上で厚みがあるような大きな郵送物なら、定形外の郵便となります。

 

普通郵便の切手

 

定形郵便物や定形外郵便物の料金は重量によって変わります。切手が現金代わりになるため、普通郵便の重さから切手の代金を算出し、その金額の切手を貼ればいいのです。

 

もし法人様が大量の郵送物を発送する場合、料金が割安になることがあります。

 

詳細はこちらです

 

https://www.post.japanpost.jp/business/discount/index.html

 

 

普通郵便の料金表

 

https://www.post.japanpost.jp/send/fee/kokunai/one_two.html

 

普通郵便に手紙やハガキは含まれるか?

 

含まれます。

 

便箋を封筒に入れて送る時や、ハガキをそのまま送る時も普通郵便扱いになるでしょう。

 

手紙やハガキは軽いため、切手の金額も安く済みます。

 

手紙を送る場合の料金はこちら

 

https://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_price.html

 

ハガキは往復はがきと普通のハガキとでも料金体制が異なります。

 

ハガキの料金については下記が参考になるでしょう。

 

https://www.post.japanpost.jp/service/standard/two_price.html

 

ハガキにも種類があります

 

  • 往復ハガキ
  • 通常ハガキ

 

通常ハガキは往復ハガキと違い、自分のもとに戻ってくることがありません。

 

当然往復ハガキよりも単価が安く、63円で買えます。

 

往復はがきの場合は、一枚126円です。

郵便局ではもちろん、コンビニでも購入でいます。

 

往復はがきって何なの?

 

往復ハガキはどういう時に使うのか気になる人もいるでしょう。

使ったことがない人も多いはずです。

 

往復ハガキは、普通のハガキと返信用ハガキがくっついてセットになった

ハガキです。

2面あるから普通のハガキより高めなのです。

 

中央を折っていないため、そのまま印刷してもOKです。

 

往信の時は、往信の宛名が外側にくるように中央で折って郵便窓口に差し出します。

 

ポスト投函でもいいでしょう。

 

普通郵便で切手不足の場合はどうすればいい?

 

普通郵便で切手が料金不足の場合はどうすればいいでしょうか。

 

普通郵便の定形外で発送した時、切手不足になるケースは珍しくありません。

 

意外に切手が高かったりするのです。

 

普通なら料金不足の時、相手に届かずあなたの家に戻ってくるでしょう。

しかしもしあなたの住所を記載していなければ、戻らずに郵便局止まりになります。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.