未分類

lixil カタログ【請求・ラシッサ・タイル・フロンテック・玄関ドア・エクステリア・ガーデンエクステリア】

lixil カタログ【請求・ラシッサ・タイル・フロンテック・玄関ドア・エクステリア・ガーデンエクステリア】

lixil(リクシル)とは、建築材料や

住宅設備機器を扱っている大手企業です。

住宅設備を主に取り扱っています。

 

lixilは2010年に設立し、法人格が消滅した初の法人です。

lixilの本社は東京都江東区にあります。

 

lixilの公式ホームページ

 

https://www.lixil.co.jp/

 

lixilのカタログ

 

下記のページからlixilのカタログの閲覧ができます。

 

https://www2.lixil.co.jp/rp/dfw/exsas6/webcatalog/kentikumuke.aspx

 

 

建設関係の方がカタログ請求する場合は、こちらからできます。

 

https://catalog.lixil.co.jp/catalog/index.php?pt=0&cate_cd=C9999

 

lixilのラシッサとは?

 

ラシッサとは、室内用建具の名前です。

 

空間イメージから展開した豊富なデザインのラインナップで、自分にふさわしい服のように、ぴったりフィットした空間が作れます。

 

ラシッサはリビングや寝室などに使えます。

 

https://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/lasissa/

 

ラシッサにはスタンダードなデザインのSと、個性的なデザインのDがあります。

 

部屋をシンプルにしたいのか、少し個性をアピールしたいのかによっても、選ぶべきラシッサが違ってくるでしょう。

 

さらにラシッサは、色も豊富です。

 

23色ものカラーバリエーションがあり、あなたの好みや部屋の雰囲気に合わせて選べるでしょう。

 

ラシッサはディテールにもこだわっています。

 

例えばドアハンドルや蝶番などです。

 

ハンドルは10種類の中から選べます。

 

高級感やテクスチャーを重視して選ぶのもいいですね。

 

ガラスのデザインのバリエーションも多く、種類によって採光が変わります。

 

通気性のいい室内や、光たっぷりの室内など、あなたのこだわりや好みに合わせてラシッサのラインナップから選べるでしょう。

 

lixilのタイル建材

 

https://www.lixil.co.jp/lineup/tile/

 

lixilではさまざまなタイル素材も扱っています。

 

壁や床にlixilのタイルを取り入れれば、さらに部屋がおしゃれになるでしょう。

 

タイルによって住人のこだわりから叶います。

 

実際、タイルの種類でイメージや雰囲気が変かり、立派な模様替えになります。

 

lixilのwebカタログ

 

フロンテック店舗用のカタログを、下記で扱っています。

 

https://webcatalog.lixil.co.jp/iportal/CatalogDetail.do?method=initial_screen&catalogID=13042860000&volumeID=LXL13001&designID=newinter

 

 

lixilの玄関ドア

 

玄関ドアにもこだわりたい時も、lixilの玄関ドアから選ぶのがおすすめです。

 

lixilでは玄関ドアはもちろん、浴室や勝手口などの玄関ドアも幅広く扱っています。

 

入口で目につきやすいところだからこそ、ドアにもこだわりたい住人の方は多いはずです。

 

 

ぜひ下記からこだわりのドアを選んでみてはいかがでしょう。

 

https://www.lixil.co.jp/lineup/door/

 

玄関ドアだけでも、これだけのおすすめラインナップがあります。

 

https://www.lixil.co.jp/lineup/door/door/

 

玄関ドアは住居の「顔」になる部分です。

 

機能性はもちろんですが、やはりデザインも大切です。

 

ライフスタイルやご家族の好みに合わせ、ぴったりの玄関ドアを選んでくださいね。

 

lixilのエクステリアについて

 

エクステリアとは、住居の外観や外壁を指します。

塀や車庫、ウッドデッキや植栽などの設備もエクステリアに含まれます。

 

要するに、屋外構造物の一つ一つがエクステリアなのです。

 

lixilでも魅力的なエクステリアを提案しています。

 

https://www.lixil.co.jp/lineup/exterior/

 

住居を包む門構えやフェンス、ガーデンエクステリアも含め、さまざまな機能性、デザインのアイテムを用意しています。

 

エクステリアのアイテム同士を組み合わせて使うのもおすすめです。

 

エクステリアの表情が無限に広がるでしょう。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.