未分類

官報情報検索サービス【ログイン・無料・破産者・利用規約・支払方法・図書館】

官報情報検索サービス【ログイン・無料・破産者・利用規約・支払方法・図書館】

官報情報検索サービスとは、昭和22年5月3日から今日までの官報の内容を検索、閲覧できる会員用の有料サービスです。

 

日付やキーワードを設定することで検索できるでしょう。

 

官報情報検索サービスの公式ホームページ

 

https://search.npb.go.jp/kanpou/;jsessionid=71HM6D33C8PMCO9L6GSMADHK6PI66OHL6GRJEDHO6GPMBCQCPH47A08003100000.kanpou_001

 

上記の官報情報検索サービス公式サイトトップページに入ったら、ユーザーidとパスワードを入れてログインします。

 

もしパスワードを忘れてログインできない場合は、官報販売所に問い合わせましょう。

パスワードやid情報は、官報販売所で管理しているからです。

 

官報情報検索サービスの利用開始したいとき

 

官報情報検索サービスを利用したい場合は、申し込みが必要です。

下記の流れで申し込み手続きができるでしょう。

 

  1. 利用規約を確認する
  2. 利用申込書に記入する
  3. 最寄りの官報販売書に申し込み
  4. ユーザーidとパスワードが届く

 

下記のページから官報情報検索サービス利用申込書(pdf)をダウンロードできます。

 

https://search.npb.go.jp/guide/introduce.html#:~:text=%E5%AE%98%E5%A0%B1%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%81%AF,%E4%BC%9A%E5%93%A1%E5%88%B6%E6%9C%89%E6%96%99%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

 

 

官報情報検索サービスで自己破産者の情報がわかります

 

自己破産者の情報を調べる時は、ネット版官報で調査できます。

 

ネット版官報は、独立行政法人国立印刷局が運営している検索サービスです。

サイトでは、昭和22年5月3日から最近までの官報の内容を、日付やキーワードで検索できます。

 

自己破産者について、スマホでも簡単にわかる自己破産マップがグーグルによって公開されましたが、プライバシーの侵害にあたりクレームも相次いだことからも、削除されました。

 

自己破産マップ終了後、破産者がリサーチできる自己破産マップの代替になるサイトが公開されましたが、それらのサイトも削除されています。

 

そして残るは官報情報検索サービスのみというわけです!

 

自己破産者の情報を公に掲載しているのは、官報だけです。

 

官報とはそもそも、国が発行している機関紙です。

 

自己破産すると、その名前が必ず官報に掲載されます。

 

官報を全文検索できる無料サービスがある?

 

官報情報検索サービスを利用するのは有料ですが、官報の全文を検索できる無料サービスがあります。

 

https://kanpoo.jp/

 

日付を入れて検索すれば、その日に該当する官報の全文が無料で閲覧できるでしょう。

 

図書館でも官報が見れるの?

 

図書館には官報がありそうですね。

結論からいうと、図書館で官報を利用するのも可能です。

 

ただし、申し込みが必須で、図書館内のみで利用できます。

また、官報の資料を直接利用者が使えるのではなく、図書館員による代行検索です。

図書館で官報を閲覧したい場合、図書館カウンターにお願いしましょう。

 

 

官報情報検索サービスの支払方法

 

官報情報検索サービスは有料なので、料金がかかります。

新規お申込みにかかる料金は1672円です。

 

初回のお申込みに限っては、お申込み当月の利用料金は無料です。

実質1カ月分が無料で利用できるということですね。

 

支払方法については下記に詳しく出ています。

 

http://kanpo.kanpo.net/payment.php

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.