未分類

imeパッドの出し方【windows10で手書き・windows7・ショートカットキー・windows8・タスクバー・win10】

imeパッドの出し方【windows10で手書き・windows7・ショートカットキー・windows8・タスクバー・win10】

imeパッドを使えば、windows10で手書きすることで、読めない漢字を特定して調べられます。

インターネットを検索している時や、何か記事を読んでいる時、読めない漢字に出くわすことってありませんか?

 

読めないけれど入力したい漢字がある場合も、imeパッドが役立ちます。

 

imeパッドは、windows10なら標準搭載されているため、わざわざ外部からimeパッドのソフトを導入するのは不要です。

 

タスクバーに言語バーがあり、その中にimeパッドが入っています。

 

 

imeパッドはwindows7や8でも使えるの?

 

ウィンドウズの最新版といえばwindows10ですね。

 

windows7はサポートが終了しています。

サポートは終わっているものの、使い続けることはできるんです。

 

ならばimeパッドも使えるのでしょうか?

 

果たしてwindows7、windows8にもimeパッドはデフォルトでインストールされているでしょうか?

 

結論からいえば、windows7にも8にもimeパッドはあります!

そしてその出し方もwindows10と同じでしょう。

 

imeパッドの出し方にはショートカットキーを使う方法もありますが、タスクバーにある言語バーから表示させるのが一般的です。

 

言語バーって何?

 

windows7、8、10のタスクバーの右下には、言語バーと呼ばれるアイコンがあります。

 

「あ」と表示されている部分があれば、それが言語バーです。

 

時々「A」になっていることもあります。

 

そのアイコンを右クリックすれば、選択肢の中にimeパッドがあります。

それをクリックしたらimeパッドのボックスが開くでしょう。

 

そうしたら、読み方がわからない漢字を真似て、マウスで手書きしていくのです。

 

書いている途中でもコンピューターが推測し、候補を出してくれます。

 

あなたは書きながらその候補をチェックし、読み方がわからない漢字と同じ漢字を見つけるのです。

 

候補の中に出てきたら、クリックします。

 

そうすれば音読み、訓読みが表示されるため読み方がわかります。

 

エンターキーを押せば、そのまま入力できます。

 

読み方がわからなくて今まで入力できなかったものの、imeパッドで読み方がわかれば入力がスムーズです。

 

imeパッドのショートカットキー

 

windows10を使っていると、タスクバーに言語バーがあるはずが、消えているときもあるでしょう。

 

消えるタイミングがいつかわからないのですが、なぜか消えてしまうことがあるのです。

 

言語バーが消えた!と思っても、ショートカットキーを使えば問題ありません。

 

コントロールキーとF10を押せば、言語バーの項目が出てきます。

その中からimeパッドを選べば同じ要領でimeパッドが使えますよ。

 

また、言語バーが消えた時、ショートカットキーを使わなくても言語バーを出せる方法があります。

 

それは、タスクバーの右下のどこでもいいので、クリックすることです。

 

そうすれば先ほどの「あ」などのアイコンが出てくるでしょう。

終わりに

win10を使っている方は多いでしょう。

imeパッドは、win10ならデフォルトで入っているので便利です。

実はmacにはimeパッドが入っていません。imeパッドの代わりになるようなソフトをインストールする必要があります。

スマホでimeパッドを使いたい場合も、アプリを導入しなければなりませんね。

漢字を読み書きする機会が多ければ、ぜひimeパッドを導入してくださいね。

手書きのアプリはこちらからスマホにダウンロードできます。

 

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.handwriting.ime&hl=ja

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.