未分類

ふるさと納税 落とし穴【ワンストップ・2018・住宅ローン・20000・泉佐野】

ふるさと納税 落とし穴【ワンストップ・2018・住宅ローン・20000・泉佐野】

 

ふるさと納税を利用している人も多いでしょう。

住宅ローン減税になるなど、ふるさと納税することで何気に特典があるんです。

 

しかしそんなふるさと納税ですが、まさかの落とし穴もあるんです。

 

それでは、どんな落とし穴なのでしょうか…?

 

ふるさと納税をしたのに還付されない落とし穴?

 

ふるさと納税にもお金はかかるわけで、確定申告などで税金控除の対象となります。

ふるさと納税をすれ税金が戻ってくると期待してふるさと納税を始める人もいるでしょう。

 

しかしここに落とし穴があります。

 

というのも、ふるさと納税をしても税金の還付は受けられないのです。

 

直接「還付」という形で税金が戻ってくるわけではありません。

 

ここを勘違いしている人が何気に多いですが、正しい情報を知らないと落とし穴になってしまうでしょう。

 

還付という形で税金は戻りませんが、住民税は安くなります。

 

所得税としての還付はわずかと考えたほうがいいです。

 

それよりも大きいのが住民税が安くなることです。

 

確定申告不要なら所得税の申告がそもそもないため、所得税の還付はありません。

 

しかし住民税が安くなるなら、確定申告でふるさと納税の申告をしておいたほうがいいでしょう。

 

住民税は所得に応じて決まります。

確定申告をもとに住民税を算出しているのです。

 

しかしこれは法人や個人事業主の場合です。

 

会社員でしたら会社が決算を全部してくれるため、個人で確定申告することはないですね。

 

ふるさと納税の落とし穴は資金繰りにあり!

 

どういうことかというと、ふるさと納税で税金が戻ってくるといっても、全部回収するのに時間がかかります。

 

これを知らないと、ふるさと納税をしているのになかなか回収できないなーとヤキモキしてストレスがたまりそうです。

 

2年近く回収にかかるケースもあります。

 

もしふるさと納税しすぎてしまうと寄付が負担となり、資金繰りに問題が生じる可能性があります…。

 

ちなみに自己負担額を2000円に抑えるには、限度内で寄付しなければなりません。

 

ふるさと納税のワンストップ制度とは?

 

ふるさとチョイスでは、ワンストップ特例制度を採用しています。

 

何かというと、ふるさと納税をした後、確定申告不要になる制度です。

 

申告しなくても、寄付金控除が受けられる便利な仕組みがワンストップ特例制度です。

本来なら確定申告しなければ、ふるさと納税によって住民税は安くなりません。

 

確定申告が面倒だなーと感じている方も多いはずです。

 

そんな人たちの負担を減らすべく、ワンストップ特例制度が誕生しました。

 

寄付金税額控除に係る申請書に必要事項を記入し、ふるさと納税した自治体に送るだけで済みます。

 

とても簡単なんですね。

 

寄付した金額の中から2000円を差し引いた金額が住民税から全額控除となります。

 

2018年のふるさと納税のお礼で何が一番人気だった?

 

2018年のふるさと納税お礼品の人気ランキングが下記に出ています。

 

https://www.satofull.jp/static/ranking/ranking_2018_all.php

 

1位は北海道のさとふる限定【大満足】いくら醤油漬100g×6パックでした。

 

 

10000円~20000円以内のお礼品を選ぶならこちら

 

https://www.satofull.jp/products/list.php?pri=5&cnt=30&p=1

 

大阪府泉佐野市のふるさと納税ガイド

 

https://furunavi.jp/Municipal/Product/Search?municipalid=1127&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=osaka_izumisano&gclid=CjwKCAjww5r8BRB6EiwArcckC0EQupKfTHWUBPZdh8KE1ZvEmvx3nPgmHEL-TnNGuC1QRHfi2tpwChoCUJMQAvD_BwE

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.