未分類

源泉徴収税額表【いつから甲欄と乙欄の違いが生じたか・令和2・3年や平成31年の見方について・2020年と2021年の賞与の違いについてわかりやすく】

 

源泉徴収税額表【いつから甲欄と乙欄の違いが生じたか・令和2・3年や平成31年の見方について・2020年と2021年の賞与の違いについてわかりやすく】

 

ここでは、源泉徴収税額表についてわかりやすく解説していきます。

毎年年末が近づいてくると、年末調整が必要になるでしょう。

会社の経理も忙しくなるはず。

年末調整においては、源泉徴収についても重要です。

源泉徴収税額表をもとにして、どのくらい源泉徴収をしたか、いくら還付しなければならないかがわかります。

年末調整については、国税庁のホームページでも伝えています。

 

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

 

上記のリンクにアクセスすれば、年末調整の概要がよくわかるでしょう。

源泉徴収とは?

 

国税庁のホームページでは、源泉徴収の概要についても記載しています。

 

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/mokuji.htm

 

2020年と2021年の賞与の違いについてわかりやすく

下記では、賞与に対する源泉徴収税額の算出法について記載しています。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2019/data/15-16.pdf

いつから甲欄と乙欄の違いが生じたか

https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/202849490-%E6%BA%90%E6%B3%89%E5%BE%B4%E5%8F%8E%E7%A8%8E%E9%A1%8D%E8%A1%A8%E3%81%AE%E7%94%B2-%E4%B9%99-%E4%B8%99%E6%AC%84%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

令和2・3年や平成31年の見方について

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/01.htm


令和2・3年の見方

令和2年、3年について混乱していませんか?令和と西暦が一致せずに困っている人もいるでしょう。

20201年は令和でいうと何年?2020年は?と、2021年や2020年にどの令和の数字があたるか不明な方もいるはず。
下記で確認しておきましょう。

https://jiei.com/column/h31r1

https://keiriplus.jp/tips/withholdingsystem_point/#:~:text=%E4%BB%A4%E5%92%8C2%E5%B9%B41,%E4%BB%A5%E5%BE%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E9%81%A9%E7%94%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

どんな人たちが年末調整する?

 

年末調整を管理しているのは国税庁です。

 

会社は社員の給料を支払うにあたり、源泉徴収をしています。源泉徴収をされていた場合、年末調整でその過不足を調整しなければなりません。

 

源泉徴収は雇用形態に関わらず引かれることがあります。

 

給料や報酬額によっても、源泉徴収の金額は違ってくるでしょう。

 

金額が大きくなるほど源泉徴収の金額は大きくなりますし、反対に小さければ源泉徴収されないこともあれば、されることがあります。

 

アルバイトやパート、派遣でも、給料から源泉徴収されることがあります。

ですから、雇用形態に関わらず年末調整が必要になるわけですね。

 

個人事業主の場合は…

 

個人事業主なら年末調整が不要かというとそうではありません。

 

個人事業主でも、取引先から報酬を受け取る時に源泉徴収をされていれば、年末調整の対象になるでしょう。

 

 

記入例やエクセルの様式をみてみよう!

 

年末調整の用紙はどこから使えるのか気になっているあなた。

 

年末調整は、年末になると特に企業の経理課にとっては必要になるのでは。

 

国税庁のホームページからも、年末調整関連の用紙をダウンロードできます。

 

そのほかのサイトでも、年末調整関連の用紙をダウンロードできることがあるので、

必ずしも国税庁のホームページを利用する必要はありませんね。

 

年末調整の用紙をダウンロードして使うのもいいですが、ソフトを導入することもできます。

 

年末調整用のソフトも出ているのです!

 

https://www.psrn.jp/topics/detail.php?id=12943

 

年末調整ソフトで書面を出力し、印刷ができます。

 

国税庁のホームページにある従来の書式とは違って見えますが、申告する上で大きな支障はありません。

 

ソフトで用意した年末調整の用紙でも、法令の要件をしっかり満たせるでしょう。

 

年末調整ソフトで作成する控除申告書には、法定記載項目だkが出力できるようにしてあります。

 

年末調整の電子化に向けた取り組みは、下記で解説しています。

 

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/nencho.htm

 

令和2年分の源泉徴収税額表はこちら

 

https://www.sasga.or.jp/gallery/gallery_list-4359.html?gallery3=4359&category=21628&page=1

令和3年分の源泉徴収額税票はこちら

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2020/02.htm

 

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.