未分類

源泉徴収税額表【いつから甲欄と乙欄の違いが生じたか・令和2・3年や平成31年の見方について・2020年と2021年の賞与の違いについてわかりやすく】

 

源泉徴収税額表

ここでは、源泉徴収や年末調整について記載していきます。

源泉徴収税額表について知っておきましょう。会社勤めでも個人で働いていても、源泉徴収税額表は必ず必要になるものです。

毎年年末が近づいてくると、年末調整が必要になるのですね。年末調整は年に一度必要なものです。

年末調整をすることは国税庁の仕事です。ですから、会社側は社員の給料や賞与から差し引いた源泉徴収金額を

申告しなければならないのです。会社に属さず個人的に働いている場合には、個人的に源泉徴収税について申告する必要があります。

会社としては、毎年年末調整の時期がやってくると忙しくなるでしょう。会社の経理担当は大変です。

 

いつから甲欄と乙欄の違いが生じたか

源泉徴収票を作る側としては大変ですが、

源泉徴収税額表を簡単に作れる方法もあるのです。それは年末調整の処理が楽々できるソフトを使ったり、

源泉徴収税額表のひな型を使うことです。ラクスルというソフトでは、年末調整をはじめとした経理処理が簡単にできます。甲と乙欄の違いは、平成31年から生じたので気をつけましょう。

ソフトを使うことで効率よく完成できるのですね!また、エクセル版の源泉徴収税額表のひな型を使うのもおすすめです。

ひな形を使うとビジネス文書も書きやすいでしょう。

源泉徴収税額表のひな形を選んでダウンロードすることもできます。

 

令和2・3年や平成31年の見方について

源泉徴収票を作るためのひな型は全部無料なんです。平成2,3年の見方は若干異なるので気をつけましょう。令和2年は2020年で、令和3年は2021年です。

源泉徴収税額表のひな形を使うととても楽に使えるのですね。

源泉徴収税額表のひな形はすでに出来上がっているので、あとは必要事項を書き込めばいいだけです。

国税庁のホームページにある書式とは違うように見えるかもしれませんが、それでもいいのです。源泉徴収税額表に必要な事項が

記載されていれば、書式が違っても内容は変わらないので大丈夫です。

源泉徴収税額表をもとにして、いくら還付すればいいのかが決まります。源泉徴収した分は、翌年までに戻さなければならないのです。これを

しなければ、社員は給料から引かれて損することになります。

 

2020年と2021年の賞与の違いについてわかりやすく

2020年と2021年の賞与の違いについても、国税庁のホームページにわかりやすく出ています。

源泉徴収した分を還付すれば、給料の一部として少し遅れて入ったことと同じなので、

給料やボーナスの一部として収入になります!個人で働いている場合には、ご自身で源泉徴収税額表の申告が必要です。

取引先に支払調書を出してもらえば、年間トータルでいくらくらい源泉徴収されたかが見えてくるでしょう。それを

把握しておくことはとても大事なのですね。源泉徴収税額表についてそもそもよくわからなければ、国税庁のホームページを見てみるといいでしょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

少し難しく感じたかもしれませんね。ややこしく感じるかもしれませんが、国税庁のホームページをみてみれば、年末調整や源泉徴収の概要がよくわかります。源泉徴収税額表のホームページにおいては、源泉徴収の概要についても

記載があるのでわかりやすいでしょう。詳しく出ていますし、用紙もきちんとあります。エクセル版の用紙をダウンロードすることもできるのです。ひな型を使うことで圧倒的に作成しやすくなります。ソフトを使うのもいいですね。パートでもアルバイトでも、派遣でも源泉徴収票は必要です。年末調整は毎年一回行われるのです。この機会にぜひ年末調整について詳しく知っておきましょうね!

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.