未分類

富士ゼロックス(xerox) プリンター ドライバー【フイルム・関係・解消・ブランド・米】

富士ゼロックス(xerox) プリンター ドライバー【フイルム・関係・解消・ブランド・米】

富士ゼロックス(xerox)といえば、日本の大手機器メーカーです。

富士写真フイルム株式会社と、イギリスのランク・ゼロックス社が合併してできました。

1962年創業です。

 

富士ゼロックス(xerox)の本社は東京都港区にあります。

 

富士ゼロックス(xerox)の公式ホームページ

 

https://www.fujixerox.co.jp/

 

富士ゼロックス(xerox)のプリンタードライバーのダウンロードはこちら

 

https://www.fujixerox.co.jp/download

 

富士ゼロックス(xerox)と米ゼロックスとの関係

 

富士ゼロックス(xerox)の本社は、アメリカ合衆国のゼロックスコーポレーションにあたります。

 

ゼロックスコーポレーションと合併しなかったのは、当時、アジアがイギリスのランクゼロックス社の商圏にあったからです。

 

ランクゼロックスは1997年にアメリカ本部の100%子会社になったため、その後は事実上、

富士ゼロックス(xerox)はゼロックスコーポレーションと富士写真フイルムの合併会社となりました。

 

2021年4月には、富士ゼロックス(xerox)を富士フイルムビジネスイノベーション株式会社に変更する予定です。

 

富士ゼロックス(xerox)で扱っている製品は?

 

富士ゼロックス(xerox)で提供している製品には、下記のような種類があります。

 

  • レーザープリンター
  • 複合機
  • オンデマンドパブリッシング
  • ソフトウェア
  • ネットワークサービス

 

富士ゼロックス(xerox)がアメリカのゼロックスと提携を解消したことについて、2021年3月31日付で、富士ゼロックス(xerox)はアメリカのゼロックスとの提携を解消する予定です。

 

そして社名を先ほどお伝えしたように富士フイルムビジネスイノベーションに変更し、事業拡大を目指します。

 

 

1960年から続いてきたビジネス提携を解消した理由について、富士ゼロックス(xerox)は

販売地域の制限を取っ払うことで、さらに国際展開しやすくなるからと話しています。

 

技術や商品の制限をなくし、生産のスピードアップや品質向上を目指しているのでしょう。

提携解消により、富士ゼロックス(xerox)独自の技術で作った製品を、富士ゼロックス(xerox)単体で販売できるようになります。

 

このことが契約解消の一番の理由だと述べています。

 

今後は富士フイルムのブランドを使い、欧米諸国を含む国内外に事務機器を発信していく予定です。

 

提携解消に伴い、今度はグループ内の提携に力を入れ、クラウドやiotなどの技術も含めて製品やサービスの拡大を狙います。

 

これまでゼロックスというブランドの使用量として支払っていた年間100億円の費用も、新規ブランドを立ち上げることや海外投資に充てます。

富士ゼロックス(xerox)といったらプリンター?

富士ゼロックス(xerox)では、オフィスに係るさまざまな
機械を開発、生産し、提供しています。

その中でも富士ゼロックス(xerox)の代表的な製品といえば
プリンターです。
プリンタードライバーは富士ゼロックス(xerox)の公式サイトからも
ダウンロードが可能です。

富士ゼロックス(xerox)のプリンターは多様な用紙に
対応します。
印刷ビジネスの拡大に貢献するプロダクションプリンターも
新たに登場しています。

新たに開発したエアーサクション給紙トレイによって、
厚紙など規定外の用紙でも安定的に印刷ができるでしょう。

https://www.fujixerox.co.jp/company/news/release/2020/70818

まさに幅広い対応力で優れた印刷機です。

 

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.