未分類

カーリース 個人【トヨタ・短期・比較・安い・事業主・デメリット・1年】

カーリース 個人【トヨタ・短期・比較・安い・事業主・デメリット・1年】

 

カーリースとは何のことだかわかりますか?

 

カーリースとは、お客さん(事業主など)が選んだ車を一定の期間乗れるように組むプランです。

 

頭金がかからないので、本当にレンタル料のみでOK。

1年契約などできます。

 

カーリースを利用する期間中の諸経費も利用料に含まれていてわかりやすいです。

 

まとまった出費もなく、気軽に新車に乗れるでしょう。新車でも中古でもカーリースで借りられます。

 

カーリースの流れ

 

カーリースを実施している車会社はたくさんあります。

その一つがオリックスです。

 

お客さんが希望する新車を、オリックス自動車がディーラーから購入し、ディーラーがお客さんの家に納車するというやり方です。

 

お客さんは毎月リース料を支払うことになります。

 

買った時と同じ車を利用できるでしょう。

 

オリックス自動車は、法人向けのレンタカーや車両も貸し出しています。

 

一年に約10万台の新車を購入しています。

大量に購入しているからこそ、新車を好条件で提供できるのですね。

 

カーリースはほかのサービスと何が違うの?

 

カーリースはほかの自動車サービスと、何が違うか気になるかもしれません。

 

ほかのサービスと違うところは、ローンで購入するところです。

 

ローンは車両にかかる費用だけが支払い対象です。

 

税金の支払いや新車登録などにかかる費用は、全部お客さんの負担です。

 

カーリースでは、税金や諸経費もリース料金に含まれています。

毎月一定金額の支払で車に乗れます。

 

カーリースのメリット

 

毎年忘れた頃によてくる自動車税種別割も、リース料に含まれます。

納付手続きもありません。

 

カーリースは頭金がなく、税金や登録費用などの諸経費を頭金として用意することもありません。

 

カーリースは販売店から大量に良質な車を購入しています。その規模をカーリースに生かし、個人で交渉するよりグっといい条件で購入できます。

 

カーリースのデメリットについて

 

カーリースの支払金額は、リース会社の利益が含まれます。

現金で購入するより割高になることもあるでしょう。

 

残価精算のリスクもあります。

 

毎月のリース料を安くするためにも、不適切な残価を設定すると、契約発生時に多く発生しています。

 

トヨタレンタリースもおすすめ

 

安全に車を乗りたい、車両管理の負担を減らしたいなら、トヨタレンタリースがおすすめです。

 

https://mobility.toyota.jp/leasing/

 

カーリースには、下記のようなメリットがあります。

 

  • 安心
  • 業務効率がアップ
  • 資金を有効活用できる

 

カーリースは経費上の支出で、財務構成の心配がありません。

 

リース料金は、資産ではなく必要経費扱いです。

 

車両を買うよりも、固定資産税などの財務面の悪化を防ぎ、対外的信用力を高く持っています。

 

カーリースの料金比較はどうやるの?

 

カーリースの会社や車種を選ぶ時、月額リース料だけをみるのではなく、最終的な支払い料金を確認するのがいいでしょう。

 

設定残高やリース満了時の精算金額が挙げられます。

 

設定残価が相場よりも高く設定されている場合は、マイナス査定です。

差額を支払うことになる可能性もあり、注意が必要です。

 

新車にお得に乗ることができ、家計の管理が簡単なのでカーリースは愛されています。

 

とりわけ個人向けのカーリースの需要が増している傾向です。

 

カーリースの利用で影響があるのは、特に個人事業主や法人でしょう。

車の経費を大きく計上できるため、節税対策になるのです。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.