未分類

課題整理総括表【記入例・書き方・事例・評価表・本・必要・施設・見通し・の手引き】

 

課題整理総括表【記入例・書き方・事例・評価表・本・必要・施設・見通し・の手引き】

課題整理総括表とは何かご存知でしょうか?

主に介護業界で使われるものです。

 

介護の専門スタッフが、評価によって把握した情報から、どのように利用者の生活支援をしていくか考え、生活全般のニーズを導き出します。

 

このニーズに当たる部分が課題です。

 

課題をとらえた経緯を表現するために、課題整理総括表を作成するのです。

 

課題整理総括表の手引き

 

厚生労働省では、課題整理総括表の手引きについて紹介しています。

概要が可視化でき、わかりやすいでしょう。

 

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/0000114689.pdf

 

課題整理総括表の記入例

 

課題整理総括表を書くのに慣れていなければ、書き方にも困りますね。

 

課題整理総括表の書き方の例が下記に出ています。

 

https://www.city.ashikaga.tochigi.jp/uploaded/attachment/35588.pdf

 

課題整理総括表を一言で表すならば、アセスメントシートを使って得た情報を、簡潔に

まとめるためのツールです。

現在の居宅サービス計画の様式では、課題整理総括表の結果から課題を導き出すようになっています。

 

従って、担当者会議などのシーンで、介護支援専門職員が口頭でわかりやすく解説しなければ、利用者の状態や課題を見出した経路が不明になってしまいます。

背景に基づいて整理した支援の方向史枝や、担当者の役割分担が適正にされない可能性があります。

 

課題整理総括表の事例紹介

 

http://www.taiyo-tohato.or.jp/pdf/sagyo_works3.pdf

 

課題整理総括表についての本

 

課題整理総括表の正しい知識や事例を知るなら、こちらの本がおすすめです。

 

https://www.nissoken.com/book/1864/index.html

 

地域ケア会議や、サービス担当者会議、新人研修、事例検討会などで役立つ情報、知識が

詰まっています。

 

ケアプランの見直しにも役立つでしょう。

評価表の考え方や使い方について、よくわかります。

 

課題整理総括表の評価表について

 

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/0000114689.pdf

 

まとめ

 

課題整理総括表を作成することで、見通し欄を整理するきっかけになります。

 

oftにおける助言や指導もしやすくなるでしょう。

 

見通しを踏まえた上で課題を導くことが大切です。

このようなプロセスを習得することは、介護施設の専門職員にとって必要不可欠です。

課題整理総括表は、介護職員が専門職員としての意識、素養を向上させるために通うするものです。

介護職員全員が、すべての事例に対して作成する必要はありません。

 

まずは介護職員の研修や自分自身の活動を振り返り、新人教育などに役立てるといいのですね。

 

課題整理総括表の様式を利用することにより、ケアマネジメントのプロセスの一部が可視化できます。

 

これによって、専門職としてのニーズを導きやすくなり、主任介護支援者も助言しやすくなるのです。

 

多くの職業からの助言も得やすくなるでしょう。

 

課題整理総括表の手引きは、評価表の活用をすすめ、記入方法や活用事例について詳しく記載しています。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.