未分類

レターパック 追跡 お問合せ番号【が見つかりません・方法・ライト・サービス・12桁】

レターパック 追跡 お問合せ番号【が見つかりません・方法・ライト・サービス・12桁】

レターパックとは、特定封筒郵便物といっています。

日本郵便によって用意された特定封筒を使った郵便物です。

 

レターパックの公式ホームページはこちら

 

https://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/

 

レターパックはA4サイズで4キロまで全国一律料金です。

信書も送れます。

 

対面でお届けして受領印をもらうレターパックプラスと、相手の家の郵便受けに入れるだけのレターパックライトがあります。

 

相手に直接手渡してほしいか、郵便ポストでもいいかによって選び方は変わってくるでしょう。

 

尚、レターパックプラスとレターパックライトは料金が異なるので気を付けましょう。

 

レターパックの料金は、日本全国一律520円、あるいは370円です。

 

遠方だからといって料金が高くなるわけではないので安心です。

 

追跡サービスで郵便物の配達状況も確認できます。

 

郵便窓口の差出人のほか、ポスト投函もできます。

 

「レターパックのお問合せ番号が見つかりません」と出た時

 

レターパックでよくあるエラーの一つが、「お問合せ番号が見つかりません」

と表示されることです。

 

お問合せ番号というのは、自分が届けた荷物がどうなっているか追跡して状況確認する時に必要です。

 

一日待ってみて、もう一度追跡番号を入力して追跡してみるのがベターでしょう。

 

日本郵便とフリマアプリの提携サービス、

 

  • かんたんラクマパック
  • ゆうゆうメリカリ便

 

もこれがテーマです。

 

もしお問合せ番号が見つかりませんと出た場合、追跡するタイミングが速すぎて、まだ状況が反映されていない可能性があります。

 

送ってすぐ追跡調査しても、反映されていなければお問合せ番号が見つかりませんと表示されてしまうでしょう。

 

一日待って、もう一度追跡調査することをおすすめします。

 

また、追跡番号が間違っていてもエラーが出てお問合せ番号が正しく認識されません。

 

追跡番号の桁数が少ない、多いなどした場合、「お問合せ番号に誤りがあります」というエラーが出るでしょう。

 

ちなみにレターパックのお問合せ番号は11、12、13桁までです。

エラーが出る場合は、入力した追跡番号の桁数があっているか、よく確認してみましょう。

 

レターパックプラスの配達方法は?

 

レターパックプラスはレターパックライトより若干高くなります。

 

というのも、相手に対面でレターパックを手渡してくれるサービスだからです。

レターパックの配達員は対面で届け、受領印や署名をもらいます。

 

もし不在中でしたら、不在通知をポストに入れておき、レターパックプラスは郵便局に持ち帰ります。

レターパックとスマートレターの違い

日本郵便ではスマートレターという郵送物も扱っています。
このスマートレターとレターパックはしばしば混同されやすいです。

スマートレターは、厚さ2センチまでOKですが、
レターパックプラスは厚めの荷物でもいいですし、
レターパックライトなら3センチまで許容されます。

スマートレターは小さなサイズの荷物を送る時に適していますね。

そのためレターパックよりも低料金で、全国一律180円です。

郵便ポストに入れるだけ

レターパックもスマートレターも、もし赤い郵便ポストに入る大きさなら、わざわざ郵便局の
窓口に行くことはありません。

レターパックまたはスマートレターを自分で購入し、
送りたいものを入れたら手紙や荷物を入れるだけでいいのです。

切手はいりません。

ちなみにレターパックやスマートレターで使える
封筒は郵便局やコンビニで買えます。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

レターパックは、日本郵便で提供している郵便サービスです。

 

対面で届けて受領印をもらうレターパックプラスと、郵便受けに届けるレターパックライトがあります。

-未分類

Copyright© みんなの疑問解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.